光回線という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。しかし、回線だけでも何のことだかよくわからないのに、光がついたり、フレッツ光や光コラボなど、光という言葉のおかげでさらにチンプンカンプンな状況になっていませんか?そしてとどめのプロバイダーという用語も出てきます。ここで光回線やプロバイダーがどういったもので、あなたの生活にどう役に立つのか見ていきましょう。

昔はインターネットへの接続はNTT東西が提供しているサービスへの加入が必須となっていましたが、自由化が進んだことによって様々な会社が通信事業に参入してきました。
その結果、私たちはインターネットサービスに接続をするとき、いろいろな会社のいろいろなサービスを比較して加入することができるようになりました。

インターネットへの接続方法も様々です。
今ではあまり使われなくなってしまった電話回線を利用したダイヤルアップ、ISDN、電話回線の使われていない帯域を利用しているADSL、専用の光ファイバーを利用した光回線、携帯電話回線などがあります。
それぞれの回線の種類によって通信速度やメリット、デメリットも異なっています。

現在最も高速に通信ができるのは光回線です。
NTT東西ではフレッツ光としてサービスが提供されており、料金は戸建てタイプかマンションタイプかによって異なってきます。
対応している建物や地域も広がってきているため、同じ高速回線であるADSLから乗り換える人も増えてきています。
光回線のように通信速度が速い回線の契約をしていると、映画や音楽のように大容量のファイルもスムーズに再生ができるようになります。

フレッツ光のような光回線を利用するためには光ファイバーを自宅まで引き入れる必要があります。
最近の建物は最初から工事が済まされているものも多くありますが、古い建物の場合は工事が必要になります。
回線を引き入れたらモデムに接続させ、そこからルーターや個々の端末に接続をします。
ルーターを利用することによって複数の端末で同じネット回線を利用することができるようになり、また自宅内でネットワークを構築することもできます。

モデムやルーターが無線に対応している機種であればワイヤレスで接続をすることができるようになります。
携帯電話回線では契約によっては通信料がかかってしまうことがあるため、自宅に無線環境があれば通信料を気にせずスマートフォンで動画やサイトを楽しむことができるでしょう。
通信速度は契約している回線の種類や障害物の有無によって異なります。
ルーターとの間に電子機器や壁があると通信速度が遅くなる場合もありますので、ルーターの位置には注意しなくてはなりません。

自宅でネットワークを構築する場合は近隣の知らない人からのアクセスを遮断するため、IDとパスワードの設定や、ステルス設定にしておくと良いでしょう。
セキュリティーに注意をしておかないと貴重なデータが盗まれる危険もあります。

電話回線と携帯電話回線と比較

通信技術は大きく進歩してきましたが、基本的な構造自体は変化していません。
電話回線と携帯電話回線の違いも、サービスを提供している会社の基地局と自宅や端末の間が有線なのか無線なのかの違い程度です。

通信速度は常識的に考えても有線のほうが有利です。
無線の場合は間にある障害物によって通信が妨害されてしまい、機器との距離が遠くなればそれだけ電波が弱くなってしまうためです。
音が遠くなると聞こえなくなってしまうように、光も遠くなると弱くなってしまいます。
しかしそれでも有線の場合は障害となるものが少ないため、減衰する量も少なく済むのです。

自宅で利用するのであれば、無線である携帯電話回線を利用した通信と比較して光回線のほうが早くなります。
しかし携帯電話回線も進化しており、4G(LTE)回線では動画などもスムーズに閲覧することができるでしょう。
自宅のネット環境があまり速度が出ない場合は携帯電話回線のほうが早くなることもあります。
周辺環境や立地によって異なりますので、通信速度を計測できるアプリでチェックをしてみると良いでしょう。
しかし携帯電話回線を利用した通信は、通信量(パケット)が多くなれば料金が高くなってしまったり制限がかかったりすることがあります。

光回線でも速度が出なくなることがあります。
その多くはマンションタイプの契約をしている場合です。
マンションタイプでは多くの世帯でネット回線を利用することになるため、建物全体での通信量が多くなりがちです。
同時に多くの人が利用をしてしまうと、利用できるリソースが限られてしまい、結果として速度が遅くなってしまうのです。
これは建物全体での問題であり、利用者のモデムやルーター、端末の問題ではありません。
特に大型の集合住宅では大きなファイルのやり取りをする時間を選ぶなど、常識的な利用を心掛けるようにすると良いでしょう。

インターネットはこうした通信サービスの発展によって支えられてきました。
昔のコンテンツでは制作時に容量を気にしながら作る必要がありましたが、最近では音声や動画も好きなだけ盛り込むことができるようになり、たくさんの情報を発信、受け取ることができるようになっています。
インターネットは便利なツールですが、便利なものも使い方を誤ってしまうと危険です。
インターネットの参加者が増えたこともあり、個人情報の重要性は高まっています。
そのためには自宅のセキュリティーについても理解をし、不正なアクセスによって自宅の端末からデータが抜かれないように注意が必要です。