光回線という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。しかし、回線だけでも何のことだかよくわからないのに、光がついたり、フレッツ光や光コラボなど、光という言葉のおかげでさらにチンプンカンプンな状況になっていませんか?そしてとどめのプロバイダーという用語も出てきます。ここで光回線やプロバイダーがどういったもので、あなたの生活にどう役に立つのか見ていきましょう。

光コラボが話をややこしくしている!?

光コラボというサービスが主流になってきました。
新規で契約をする人にとっては、フレッツ光よりも料金が安くなる傾向なのでおすすめのネット回線になります。
すでにフレッツ光を利用している人は、そのままフレッツ光を利用したほうが料金が安くなる可能性もあります。
なぜなら、フレッツ光には長く利用するほど月額料金が安くなるという割引サービスなどがあるからです。

光コラボへ乗り換えをしたほうが一般的にはお得です。
しかし、「最初の数ヶ月間だけ1000円割引」といったように期間限定の割引があり、割引期間の後はフレッツ光と対して変わらない料金になることもあるのでしっかりと比較をしておきましょう。

光コラボは正式には「光コラボレーション」と言います。
フレッツ光と同じ光回線を使用しているので、品質に違いはありません。
2015年から始まったサービスであり、ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光などが有名です。
光回線業者が変わるわけでなく、サービスを提供している会社が変わるだけです。
卸売りのようなものと考えておけばよいでしょう。

例えば、ドコモ光ではドコモが光コラボレーションのサービスを提供していますが、光回線はそのままフレッツ光を使っています。
サービスの品質はそのままに中間業者が介入して卸売りがされているといったイメージです。
それでは利用者にとってメリットがないのではないかと考える人も多いでしょう。
中間業者が入ることで料金はむしろ高くなるとも考えられます。

光コラボのメリットは、中間業者が独自のサービスを提供していることにあります。
ドコモ光なら、ドコモのスマートフォンを使っている人は月額料金から割引を受けられるといったサービスが魅力的です。
このケースでは、ドコモ以外のスマートフォンを使っている人にとってはあまりメリットがないということに気づくでしょう。
これは光コラボで重要なポイントです。

光コラボはすべての人に等しくメリットがあるサービスではありません。
一定の条件を満たしていないと特典は受けられず、フレッツ光をそのまま利用していたほうがメリットが大きかったということになることもあります。
ソフトバンク光もドコモと同じで、スマートフォンのサービスを提供しています。
ドコモ光と同様に、ソフトバンクでスマートフォンを利用していない人にとってはそれほどメリットは大きくなりません。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは比較的簡単です。
しかし、逆に光コラボからフレッツ光へ戻すためには、違約金などがかかってきます。
最初の乗り換えの判断が重要になるので、しっかりと比較をした上でメリットがあるところに乗り換えをしましょう。